マダガスカル展〜Comme le Madagascar〜2016年11月4(金)〜28(月)にパラボリカ・ビス(東京・浅草橋)にて開催されるマダガスカルの生きもの展です

| CALENDAR | ENTRY | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ワオキツネザルとベローシファカ 〜マダガスカルの樹にて〜
0
    藤森英二
    ワオキツネザルとベローシファカ 〜マダガスカルの樹にて〜



    レムールサーカスの最後の大事なパーツ

    ワタシが原猿とマダガスカルをテーマにした作品展をやりたい!と言いながら、メンバー集めをしていた時に、最後にワタシに声をかけてくれたのが藤森さんでした。彼は今までレムールの作品を作ったことがなく(、ないよね?)ワタシ自身もノーマークだったのですが、彼の方から「キツネザル作りたいです〜」と言っていただいて参加してもらうことになりました。
    その時ワタシは静かにほくそ笑んだのでした、ああ、これで最後の足りなかったパーツが揃ったんだと。



    藤森さんの本職は考古学の研究者さんで、日本の縄文時代についての研究が中心です。
    そして模型制作については二次的なもので、彼自身は「趣味だから」と言うのですが、藤森さんの対象を冷静に見つめ、分析し、自分の中で自制を効かせながら再構築する姿勢は研究者ならではのものですし、たぶん彼にしかできない表現が確かに存在します。そうそれは、研究者の呪縛ともいえるものかもしれません。彼の作品はノンフィクションに限りなく近いフィクションなのです。
    そうでなければ、東京国立博物館の縄文に関する展示の中で、藤森さんの再現模型が使われることは無かったでしょう。研究している本人が模型をつくるのですから、乱暴な言い方をしてしまえば監修者と製作者が同じ人なんだ、ということです。これはずるい。これは卑怯だ。うらやましいいいい!

    あー、もとい、そんな藤森さんの手から生まれてくる作品は非常に自制的です。でもさらに言えば彼はロマンチストでもあります。この世界にいる不思議な生き物や、すでに滅んでしまった恐竜などに想いを馳せるのが大好きな少年のような作家なのです。
    その自制的なロマンチストの作品はやはり非常にファンタジックなものです。遠いマダガスカルに想いを飛ばし、木の上で遊ぶレムールたちを夢想する。ですが、その細部やレムールたちのしぐさはとてもリアルなものです。


    そのリアルさこそが、藤森さんが参加する前のレムールサーカスに欠けていたものでした。
    これでやっとすべてが揃いました。





    日時:10月22日〜27日
    11時〜19時(最終日は17時まで)

    場所:ギャラリーTEN(東京・谷中)



    原猿とマダガスカルの生きもの展「レムールサーカス」を開催します。7人の作家がそれぞれの表現で幻想的なレムールの世界を現出させます。

    レムールサーカスパンフレット製作中 予価¥1000
    各作家の作品集と自己紹介、そしてイラストによる原猿図鑑。
    さらに霊長類研究者にしてアイアイファンド代表の島先生。古生物についてACTOWから徳川様と荻野様。そしてビバリウムガイドのメインライター冨水様にマダガスカルのUMAについて。
    それぞれ寄稿頂いています。
    おうちに帰ってもまだまだじっくりマダガスカルと原猿の世界に浸れます!

    | 作家紹介 | comments(0) | - | posted by マダガスカル展 -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>