マダガスカル展〜Comme le Madagascar〜2016年11月4(金)〜28(月)にパラボリカ・ビス(東京・浅草橋)にて開催されるマダガスカルの生きもの展です

| CALENDAR | ENTRY | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
マダガスカルオオヤママユ
0
    こざいく堂
    マダガスカルオオヤママユ



    レムールサーカスのレムールじゃない担当

    今回の参加作家さんの中で唯一グループ展やイベントなどでご一緒したことがあるのがこざいく堂さんです。
    ですので、こざいく堂さんの実力のほどはわかっていましたし、なんとなく性格もわかっておりましたので、ワタシが原猿、原猿言ってはしゃいでいたら必ずや冷や水をぶっかけてくれるであろうことも予想しておりました。
    というわけでレムールサーカスの開催を決めたときに、次にしたことはこざいく堂さんを誘うことでした。
    今回ワタシが自分からお願いして「原猿やマダガスカルの生きものを作りませんか?」と声をかけてはいません。基本的に皆、ワタシに言われなくてもレムールに興味があって自らレムールをモチーフにした作品を作っていました。こざいく堂さんを除いては。
    むしろワタシは、「キツネザルはどうでもいいから、マダガスカルの変な生きもの作ってよ?」とかそんなことを言った覚えがあります。

    獅子身中の虫ならぬ、まさにレムール身中の蟲!

    そう、こざいく堂さんはレムールサーカスのカウンターにして、レムール以外のマダガスカルの生きものを(たぶん言われなくても)作ってくれる唯一無二の存在なのです。




    こざいく堂さんはビーズ細工の作家です。
    そしてこざいく堂さんは言うのです、「ビーズはレシピさえあれば誰でもできるからね。」
    果たしてそうでしょうか。例えば、レシピさえわかっていればどんな難しい料理もできるのでしょうか。たぶんそうではないでしょう。料理で例えるならば、素材の選定から、素材の下ごしらえの上手さや手際の良さ、火入れのタイミング、などレシピだけでは再現できない要素が数多くあるように思います。
    ワタシはビーズ細工もそうではないのかと思うのです。
    こざいく堂さんのビーズ細工はただのビーズの羅列ではありません。モチーフとなる生き物を観察し、色と形を分解してその要素のひとつひとつをビーズやパーツによって再構成していくというとてもセンスと根気のいる作業です。
    それをもしレシピ化して、その通り作ったとして、(いや、その前にその通り作れる人が何人いるのかとも思うのですが)果たしてそれはもはや、レシピ通りに作った似て非なるモノなのではないかと。生きものに向き合っているのか、それとも目の前のレシピに向き合ってるのかで、たぶん結果は大きく違うものになるでしょう。

    そして、他の作家さんがかわいいレムールを作っているさなか、ひとり黙々と誰よりも可愛らしい素材をつかって、誰よりも変な生き物を作る。それがこざいく堂さんです。





    日時:10月22日〜27日
    11時〜19時(最終日は17時まで)

    場所:ギャラリーTEN(東京・谷中)



    原猿とマダガスカルの生きもの展「レムールサーカス」を開催します。7人の作家がそれぞれの表現で幻想的なレムールの世界を現出させます。

    レムールサーカスパンフレット製作中 予価¥1000
    各作家の作品集と自己紹介、そしてイラストによる原猿図鑑。
    さらに霊長類研究者にしてアイアイファンド代表の島先生。古生物についてACTOWから徳川様と荻野様。そしてビバリウムガイドのメインライター冨水様にマダガスカルのUMAについて。
    それぞれ寄稿頂いています。
    おうちに帰ってもまだまだじっくりマダガスカルと原猿の世界に浸れます!
    | 作家紹介 | comments(0) | - | posted by マダガスカル展 -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>