マダガスカル展〜Comme le Madagascar〜2016年11月4(金)〜28(月)にパラボリカ・ビス(東京・浅草橋)にて開催されるマダガスカルの生きもの展です

| CALENDAR | ENTRY | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
レムール総論
0
    大渕 希郷 (科学コミュニケーター・生物学)
    神山 紗織 (グラフィックデザイナー)
    のコンビにてマダガスカルに棲息するキツネザルの仲間の解説+αのパネル展示になります。

    とは言え、ワタシ自身もどんなものになるのか、実はまだ全然知らないのです。
    今回の展示の完全なるダークホースにして、この2人の参加こそがレムールサーカスの真骨頂なのです。

    大渕さんと神山さんは雑誌「生きもの好きの自然ガイド このは」の「常識ハズレの生きものたち」というコラム連載ページなどで活躍していて、大渕さんは生物学の分野での科学コミュニケーター、そしてその知識やエスキースをグラフィックデザイナーである神山さんがビジュアル化していきます。
    今回のレムールサーカスではマダガスカルのキツネザルを中心のテーマに据えて、その解説を担当してもらいました。たぶんギャラリーに入ってすぐのところに彼らの手による「レムール、キツネザルとはなんなのか、どんな種類がいて、どんなやつらなのか。」ということが分かりやすく解説されるはずです。
    じっくり読んでから他の作品を見ていただくもよし、それぞれの作品を十分楽しんでから最後にまとめとして読んでいただくもよし、のレムールサーカスの総合案内局なのです。


    ワタシ自身はレムールたちが大好きです。そしてマダガスカルに棲息するへんてこな生き物が大好きです。ですが大好きが故に独りよがりになるでしょう。それほどまでに大好きすぎてマダガスカルの生きものたちへの愛は屈折しているのかもしれません。
    さらに、キツネザルという言葉をなんとなく知っていても、実際に想像できるのはしましま尻尾のワオキツネザルくらいのものではないでしょうか。
    そういった、みんなはよく知らない、でもワタシ自身は大好きである、というギャップを上手に埋めてもらうために今回の参加作家たちの手をお借りしました。
    レムールサーカスの作家たちは、表現方法も、使用している素材も、そして動物に対する向き合い方も全く違っている集まりです。ある方は動物やその風景をリアルに再現しようと試みます。そしてある方はかわいくて魅力的なレムールたちを自分の理想のイメージに向かって愛らしく表現しようとします。またある方は制約のある素材を使いながら、それでもその動物たちのエッセンスを抽出し、美しく再構成していくのです。

    各々がそれぞれの手法でマダガスカルとレムールたちに迫っていきます。

    それこそが、今回のレムールサーカスのテーマのひとつです。まるでサーカスのように出てくる演者は皆特殊技能の持ち主で、そしてそれぞれがそれぞれの必殺技を持っているのです。


    そして大渕さんと神山さんはマダガスカルという広大なサーカスの案内人です。
    まずはひとつひとつの展示を楽しんでください。とてもかわいいと思います。とてもかっこいいと思います。とてもリアルなものもあるし、とても優れた表現がそれぞれの作品に込められています。
    そしてすこしだけ気になったら案内人を探してください。あなたが気になった作品がいったい何者であるのか教えてくれるはずです。

    そのために彼ら案内人には解説展示で参加してもらいました。
    もっと知りたくなった方のためにパンフレットも用意しました。

    レムールサーカスは、かわいくて、可愛くて、そして少しだけ知的な野生のサーカスです。





    日時:10月22日〜27日
    11時〜19時(最終日は17時まで)

    場所:ギャラリーTEN(東京・谷中)



    原猿とマダガスカルの生きもの展「レムールサーカス」を開催します。7人の作家がそれぞれの表現で幻想的なレムールの世界を現出させます。

    レムールサーカスパンフレット製作中 予価¥1000
    各作家の作品集と自己紹介、そしてイラストによる原猿図鑑。
    さらに霊長類研究者にしてアイアイファンド代表の島先生。古生物についてACTOWから徳川様と荻野様。そしてビバリウムガイドのメインライター冨水様にマダガスカルのUMAについて。
    それぞれ寄稿頂いています。
    おうちに帰ってもまだまだじっくりマダガスカルと原猿の世界に浸れます!
    | 作家紹介 | comments(0) | - | posted by マダガスカル展 -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>