マダガスカル展〜Comme le Madagascar〜2016年11月4(金)〜28(月)にパラボリカ・ビス(東京・浅草橋)にて開催されるマダガスカルの生きもの展です

| CALENDAR | ENTRY | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
URBAN SAFARI
0
    URBAN SAFARI「ベローシファカ」


    URBAN SAFARIさんとアイアイの話をしなければレムールサーカスはなかったのです。

    もう数年前の根津のギャラリー花影抄でのワタシ、守亜の作品展のときに来ていただいたのがきっかけで、そのときなぜかアイアイの話になったのです。
    (いや、なぜかというか、ワタシは基本原猿の話をすることが多いので、なぜかというのも変な話なのですが。)
    そのときに気が付いてしまったのです。世の中には僕以外にも原猿やキツネザルに興味があって、それをモチーフに作品を作られている方がいるのだということを!
    そこでワタシはこのまだ見ぬレムールサーカスへと続いていく「原猿展」への思いをふつふつとたぎらせたのでした。
    そんなわけでたぶんURBAN SAFARIさんがその時のワタシの作品展に来てくれなかったらこのレムールサーカスもなかったのではないかと思うのです。



    URBAN SAFARIさんは主にフェルト、そして場合によっては様々な素材を使って動物をモチーフとしたアクセサリーや服飾雑貨を制作している個人ユニットです。
    その基本コンセプトは、URBAN SAFARIさんのサイトに書いてある通りのものです。今現在ここに生きる、つまり人と人との暮らしの中に生きる我々とそこに光明のように差し込むキーワードの意味する何か、想いのようなものを感じてください。そのキーワードは読んでいただければすぐにわかりますので是非一度リンクをたどって短い言葉に凝縮された想いをお読みいただければと思います。
    URBAN SAFARI


    URBAN SAFARIから生み出される動物たちは、我々人間のことなどなんとも思っていないのではないかと思う。これはワタシが思っているだけで実際にどういうつもりで製作されているのかは知らない。
    URBAN SAFARIから生み出される動物たちには2種類いると思う。それはこちらを見ているのか、見ていないのか、の2種類だ。
    こちらを見ていない動物は我々のことなど無関心である。しかし彼らは自らの魅力を知っている。人間にどのように憧れられているのかを知っている動物たちだ。我々は彼らを崇拝し、憧れ、追い求める。
    こちらを向いている動物たちの目は我々を見ている。一定の距離をとってこちらの出方をじっと見ている。その目は心の奥底を見透かすような目だ。アクセサリーと化した彼らが見ている。彼らをまとうのかどうかを決めるのは実は自分たちなのだと言いたげに、我々をじっと見つめている。ワタシは彼らに選ばれることができるだろうか・・・

    URBAN SAFARIから生み出される動物たちは自分に絶対的な魅力があるとわかっているのだ。我々はただただ彼らを求めるしかないのである。






    日時:10月22日〜27日
    11時〜19時(最終日は17時まで)

    場所:ギャラリーTEN(東京・谷中)



    原猿とマダガスカルの生きもの展「レムールサーカス」を開催します。7人の作家がそれぞれの表現で幻想的なレムールの世界を現出させます。

    レムールサーカスパンフレット製作中 予価¥1000
    各作家の作品集と自己紹介、そしてイラストによる原猿図鑑。
    さらに霊長類研究者にしてアイアイファンド代表の島先生。古生物についてACTOWから徳川様と荻野様。そしてビバリウムガイドのメインライター冨水様にマダガスカルのUMAについて。
    それぞれ寄稿頂いています。
    おうちに帰ってもまだまだじっくりマダガスカルと原猿の世界に浸れます!
    | 作家紹介 | comments(0) | - | posted by マダガスカル展 -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>